So-net無料ブログ作成

コンビニ珈琲でパナマ ゲイシャ!? [四方山話]

ミルク瓶印でお馴染みのコンビニで発売しているコンビニ珈琲 「パナマ ゲイシャ」を飲んでみました。
普通の珈琲はSカップ¥100円ですが、ゲイシャだと¥400円。
しかも限定、との事。

抽出は通常のmachi-cafeのマシンでした。1cup抽出用の粉投入口みたいな所に、個別パッケージの粉を投入してました。

カップは普通のより少々高級感のある、紺地に金文字。コーヒーの見た目はちょっと粗目のクレマの層がうっすら…です。

して、お味。
私自身はゲイシャをそう沢山飲んでるわけでは有りません。
が以前、豆問屋さんの試飲会で頂いたドリップのスバラシイく質の良い酸味、フルーティー、豊潤さは忘れられもしません!

今回の「パナマ ゲイシャ」、普通のコンビニ珈琲よりも豊かな、質の良い酸味が含まれていて、比較的に美味しいです。
抽出方法の問題だと思いますが、酸の尖りと嫌な味が美味しさと共に抽出されちゃってる感じです。
ドリップでちゃんと淹れれば、もっともっと嫌味の無い豊潤で重厚な酸の味が出るのではないかと思いました。

そもそも400円と言えばその辺のカフェで珈琲を飲むのとそう変わらない金額。
それでこの希少種が味わえるというのがスバラシイ話。
「普通の4倍の金額!」
なんて考えてしまうとナニやら奥手になってしまいますが、まあ珈琲一杯400円で皆様お試しをおすすめします。
そしてこの豆に秘めたるポテンシャルを感じて、いつの日かもっともっと美味しい一杯のゲイシャに出逢える事を願います。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。