So-net無料ブログ作成
ブレンド珈琲豆 ブログトップ

ダブルフレンチ [ブレンド珈琲豆]

doublefrench.gif新しいブレンドの紹介です。

現在、杜の珈琲舎で今まで用意していたブレンドは二つ。
一つは、苦味を抑えたマイルドタイプの『メローテイストブレンド
もう一つは苦味もあり、ボディーとキレをバランスよくブレンドした『リッチビターブレンド』。

メローテイストブレンドはマイルドタイプ、リッチビターブレンドはどちらかというと苦味寄りのバランスタイプです。

そしてこの度、新しく3つ目のブレンドをラインナップ。
その名も『ダブルフレンチ』

苦味が主体となるロースト=フレンチローストで煎りあげた2種類の豆をブレンド。
深煎りに耐えうる豆は、深煎りにしも単に苦いだけでなく、苦味の中にコクや厚みを感じさせるものであり、杜の珈琲舎ではこの2種類の豆をセレクトしてブレンドしました。
IMGP3852-1.JPG

  • インドネシア マンデリン
    スマトラ島北部リントン・ニフタ地域限定のスペシャルティー豆。
    杜の珈琲舎ではリッチビターブレンドの一部やice珈琲豆にも使っている素晴らしい豆です。
    「マンデリン」というのはスマトラ島で生産されるアラビカ種の豆なのですが、その中でもリントン・ニフタ地域で収穫されたものを限定的な豆です。
  • ケニア AAマサイ
    ケニアの輸出規格の中で最高品質がAAグレードですが、その中でもニエリ・キリニャガ地区の高品質豆が使用されます。
    各農家より収穫された珈琲の実はそのまま加工業者に引き渡され、一括して安定した精選加工処理が為されるために、品質が安定すると考えられます。
    単独でもヤミツキになるヒトも多いというこの豆を、贅沢にブレンドとして使用しました。

 

 


nice!(0)  コメント(0) 

§ リッチビターブレンド [ブレンド珈琲豆]

杜の珈琲舎 ブレンド珈琲豆の紹介 第2回目 ・・・ リッチビターブレンドを紹介します。

リッチビター2-1.JPG

苦味を主体にボディーとキレをバランスよく配合したブレンドです。
深煎りに耐えうる豆、インドネシア スマトラ島北部産のハイグレードなマンデリンと
ブラジル産ブルボン種限定豆の
2種類のスペシャルティー珈琲豆をリッチにブレンドしました。

ストレートではもちろん、ミルクやシュガーをいれてもお楽しみいただけます。

 

 


nice!(1)  コメント(0) 

§ メローテイストブレンド  [ブレンド珈琲豆]

杜の珈琲舎のブレンド珈琲豆ラインナップのひとつ・・・メローテイストブレンド を紹介します。

穏やかなビターとコクを備えるマイルドタイプの珈琲豆です。
「コク」と「フレッシュ」を意識したブレンドは、苦い珈琲が苦手な方でも美味しく飲んでいただけるものと思います。
IMGP1876-1.JPG

ブレンドを構成する豆は、浅煎りのグァテマラ/アンティグア産ブルボン種と中煎りのブラジル/セラード地区産ブルボン種。
どちらの豆も単一でも特徴あるキャラクターを持つ逸品。

「メロー」は「円熟」。 
穏やかなビターに隠されたフレッシュと芳醇なコクを、主としてストレートでお楽しみ下さい。

 


nice!(0)  コメント(0) 
ブレンド珈琲豆 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。